まるで河童のような頭頂部のハゲ、いつまで帽子で隠しますか?それが更なる脱毛の原因になる前にツゲイン10%で脱毛対策しましょう。国内育毛剤であるリアップとの比較も掲載します。

生え際の脱毛に効く国内育毛剤

頭髪の脱毛にはさまざまなタイプがあり、例えば真菌などの感染症による皮膚病であれば、その原因となっている病原菌を退治すればまた頭髪が復活するために対策が容易なのですが、実際にはそうではないものも多く存在しています。その代表として、額の生え際や頭頂部あたりから薄毛が生じ、M字型の脱毛となってしまうのが特徴の男性型脱毛症が挙げられます。
男性型脱毛症については、男性ホルモンであるテストステロンが体内で変換させてできた物質DHTが悪影響をおよぼし、毛母細胞とよばれる頭髪をつくる大元となる場所に栄養分を含んだ血液が行き渡らなくなってしまうのが原因といわれています。このため、男性型脱毛症への対策としては、このDHTが体内で産生されてしまうのを抑制するか、頭皮の血液の流れを活発にするという2つの方法によって、頭髪の育成をうながすというのがもっとも近道となります。
こうした生え際の脱毛に効く国内育毛剤としては、ミノキシジルという有効成分を配合した大衆薬のリアップが販売を開始しており、すでにその名前としてはかなり知れ渡っています。
ミノキシジルというのは、もとは高血圧の治療薬としての目的で開発されたものが、後に転用されてできたもので、血管を拡張して血流をさかんにするほうの効果が大きいとされています。国内で市販のものは、厚生労働省の医薬品としての承認の関係から、ミノキシジルの濃度が1%または5%のものにとどまっています。
ただし、海外ではツゲイン10%のように、さらにミノキシジルの濃度を高めた製品が流通しています。ツゲイン10%は、名前にあるとおり、ミノキシジル10%配合のもので、国内の育毛剤よりも効果が高いことは明らかです。ただし、現在のところ、ツゲイン10%は国内では市販されていないため、必然的に個人輸入などの形式をとることになります。