まるで河童のような頭頂部のハゲ、いつまで帽子で隠しますか?それが更なる脱毛の原因になる前にツゲイン10%で脱毛対策しましょう。国内育毛剤であるリアップとの比較も掲載します。

使用前に知りたいツゲイン10%の副作用

ツゲイン10%はミノキシジルを有効成分としたAGA治療薬として効果を発揮している薬です。米国食品薬品庁はミノキシジルを一般医療薬と承認しているので、通常の用量を守って使用する分には副作用はほとんどないと考えられますが個人輸入で入手したものについては自己責任とされています。
ツゲイン10%の一般的な副作用としては、そう痒、皮膚の炎症、頭皮の紅斑、頭皮が剥がれ落ちる、頭皮以外からの発毛、脱毛の悪化など軽度の皮膚反応がほとんどとされています。稀に起こる副作用として、頭皮の痒み、プロピレングリコールに対するアレルギー反応、心臓に負担(動悸息切れ)、全身の多毛症、肝機能障害、性機能障害、乳房肥大、ニキビの発生、頭痛、意識障害、重い低血圧、皮膚の紅潮、霞み目、手や足や顔のしびれや痛みやむくみ、急速な体重増加 などがあります。
ツゲイン10%を安全に効果的に使用するためにも外用薬として以外は使用をやめましょう。また有効成分であるミノキシジルには強い降圧作用があるのでタンポナーデを促進させてしまったり狭心症の発作症状を悪化させてしまう危険性があります。高血圧の方や心疾患のある方はツゲイン10%の使用をやめることをおすすめします。ほかの薬との併用については、ジトラノール、ヒドラコルチゾン、イソトレチノインやトレチノインなどのレチノイド類、尿酸やワセリンなどは皮膚の透過作用を増強し、有効成分ミノキシジルの皮膚への吸収を促進作用があるため、併用禁止とされています。 ツゲイン10%を使用し、上記に記載した副作用が継続的に続く場合はただちに使用を中断して医師の診断を受けましょう。また、安全性は確立されていますが個人輸入のものを使用する際は副作用を起こさないためにも事前に医師の診察を受けると良いでしょう。